事務処理業務を1/10
コストを大幅削減
訪問現場・事業者の生産性向上

記録文書の電子化

既存の記録文章と同じ記入様式を採用。現場での入力の効率化はもちろん、事務処理を簡素化します。電子化されることで、印刷関係の経費もコストダウンでき、事業者の書類の置き場所も省力化。
ケアラクスルの電子化・クラウドの技術で、訪問現場・事業者の生産性向上を図ります。

業務の書類をスリム&スマイル

文書の電子化でスリムな事務管理
10日かかっていた請求業務も1日に短縮

記録文書は、すべて電子データで保存します。
紙とまったく同じ項目の記録文書様式を採用しますので、紙から電子データ、電子データから紙と言った二重の手間もいりません。もちろん実施指導※にも対応しているので、再度書き直すという手間もかかりません。
データ自動連携で実績データの再入力が不要なので、複数日から10日かかっていた請求業務も1日に短縮可能です。
※電子文書での実地指導(監査)対応の確認がとれた自治体は随時拡大中です。

電子文書だから検索も簡単

利用者様の情報は、すべて電子化して保存しますので、書類を探したいとき等は、キーワード検索を行うだけ、必要な書類がすぐに引き出せます。 過去に利用者様がサービスを受けた情報も、スタッフの端末で共有できるので、現場の対応もスムーズになり、無駄な紙の印刷をせず、紙による個人情報の漏洩といったセキュリティ面の心配も不要になります。

紙の削減=事業者経費も削減!

長年の運営で紙の資料も膨大になります。しかし、ケアラクスルを導入することで、紙の書類は必要最低限になりますので、保管スペースがいらなくなり、印刷代や事業者スペースの有効活用等、事業者の経費も削減できます。

既存ソフトとの連携も簡単

サービス提供の実績データを作成し、既存請求システムへの一括取込みを実現!自動連携で打ち直しも不要です。