訪問看護・訪問介護の応援ブログ「楽する日記」

クラウド型の訪問看護・訪問リハビリ・訪問介護支援システム ケアラクスル
03/072017

「サービス等生産性向上IT導入支援事業」を活用して、職場のIT化を進めよう!

  • 「どうにか業務を効率化できないものか…」
  • 「無駄な業務は徹底的に省いてコストカットしたい!」
  • 「ITを導入したいけど、資金面の問題でなかなか決断できない」

そんな方にぜひ知ってほしいのが、「サービス等生産性向上IT導入支援事業」という仕組みです。ITツールを導入するにあたって心強い味方となってくれるこの仕組みの概要とメリット、弊社のケアラクスルを導入した場合のシチュエーションをご紹介していきます。

 サービス等生産性向上IT導入支援事業とは?

「サービス等生産性向上IT導入支援事業」とは、別名「IT導入補助金」とも呼ばれる、個人事業主や中小企業のIT導入に対してその経費の一部を国が補助してくれる仕組みです。概要は以下の通りです。

【対象】
個人事業主、中小企業、医療法人などの各種法人、企業組合などの各種組合が対象です。大企業は含まれません。
【内容】
ITツールの導入にかかる経費の2/3以内、金額でいうと20〜100万円の間で補助してくれます。交付されるためには申請書の作成と提出が必要で、交付が決定された後も導入やその効果の報告義務があります。
【補助対象となる内容】
パッケージソフト購入・導入費、クラウドサービス導入費、ホームページ作成費、各種ライセンス料などが含まれます。ただ、PCや周辺機器などのハードウェアは含まれません。また、ソフトの利用料は1年間のみ補助の対象となります。
【募集期間】
以下の募集期間で募集のあった事業者が審査され、審査を通過すると交付決定となります。
一次募集:2017年1月27日(金)〜2017年2月28日(火)17時〆
二次募集:2017年3月中旬〜6月末(予定)
【注意点】
交付が決定する前に契約や発注、支払い等を行った場合、その内容は交付対象外となります。ツールの契約や発注は必ず交付決定後に行いましょう。

職場でITツールを導入するメリット

サービス等生産性向上IT導入支援事業の概要がわかったところで、ITを職場に導入する主なメリットについて知っておきましょう。

【1】業務の効率化

業務の効率化は、IT導入の大きなメリットのひとつです。例えば、会計ソフトを使えば記帳や計算の手間は大幅に削減できますし、チャットサービスを使えば人が集まらなくてもオンライン上で会議ができます。

【2】プロモーション力の向上

ほぼすべての人がネットに触れる機会がある現代社会において、自社のホームページやSNSアカウントを持っていることはもはや常識と言えるでしょう。今まで紙や対面でしかプロモーションをしてこなかった企業は、ITを導入することによって、これまでリーチできていなかった層にも働きかけることができます。

【3】多様な働き方の実現

出産や育児、家族の介護などで、出社が難しくなる従業員が在宅で出来る仕事を割り振れるのも、IT導入の大きなメリットです。ITツールの導入は、多様な働き方の実現の可能性を秘めているのです。

【4】コストの削減

紙媒体をデータ化するだけでも、印刷やコピー、保管といった手間が省け、コスト削減ができるでしょう。また、「データ化によって空きスペースがオフィスにできたから、狭いオフィスに引っ越して家賃をカットする」といったコスト削減の方法もあります。

ケアラクスルならこんなに変わる!IT導入シチュエーション

ITツール導入のメリットがわかったところで、ここからは、弊社が展開している訪問看護・介護を効率化する「ケアラクスル」というITサービスについて、その導入メリットをご紹介していきます。

【1】直行・直帰モデルの実現

従来の訪問サービスでは、一度事業所に出勤し、申し送りを共有してから現場へ移動、そして最後は事務所で当日業務のまとめを記録、といった流れが一般的でした。ケアラクスルは、申し送りやスケジュールの共有をすべてクラウドデータ上で行うため、自宅からそのまま現場へ直行し、仕事が終わったら自宅へそのまま帰宅できる「直行・直帰モデル」が実現できます。

【2】多様な働き方の提供による人材の確保

直行・直帰モデルを導入することによって「短時間だけ働きたい」といった人のニーズにも応えることができ、より多くの人材を確保することができるようになるでしょう。

【3】データ化によるコスト削減

紙ではなくデータで文書を管理するため、余計なスペースをとる必要がなく、最小限のオフィスで営業が可能となります。できるだけ固定費は抑えたい経営者のニーズにも応えてくれるでしょう。

まとめ

ITツールの導入は、業務効率やプロモーション力アップの重要な鍵です。まだ、ITツールを導入していない事業所は、これを機にサービス等生産性向上IT導入支援事業を活用して、職場のIT化を進めてみてはいかがでしょうか?